岩盤浴で汗をかく

岩盤浴って

 

岩盤浴
岩盤浴とは温めた石の上に寝て汗をかく、お風呂というよりはサウナのようなものです。
温度はサウナよりも低いです。45度前後のものが多いです。
湿度も高めに設定されてますので気持ちよく汗をかけます。

 

この岩盤浴、使われている石は天然鉱石です。この石から遠赤外線やマイナスイオンが放出されます。

 

それらを浴びながら石の上で寝転がって汗をかくことで、カラダに溜まった老廃物や毒素をデトックスできるのです。

 

暑いところで汗をかくだけならサウナと一緒じゃない、なんて思われる方もいらっしゃるかもですが、効果が全然ちがうのです。

 

サウナは皮膚表面から温めます。
なので、大粒のべたべたした汗がぼたぼた出ます。べたべた汗はミネラルを多く含んでいます。べたべたといつまでも乾きません。

 

岩盤浴は遠赤外線効果でカラダの中から温めます。
なので、じわじわとさらさらした汗が出てきます。さらさら汗はミネラルをあまり含んでいませんので、すぐに蒸発します。

 

このさらさらの汗は天然の化粧水・乳液効果がありますので、岩盤浴後にシャワーで洗い流すのはもったいないです。

 

でも、まったく何もしないのでは気持ち悪いですよね。
そんなときは石鹸を使わずにさっとシャワーだけ流す程度にしましょう。